KOCOWA

おすすめ動画

  • ロマンス
    ロマンス
    釜山の高校生グァヌは、ある日、事故に巻き込まれ、ソウルから来たチェウォンに出会い一目惚れする。グァヌは高校生という身分を隠し、年上の彼女とたった一回のデートで恋してしまう。


    その後、グァヌは父の自殺をきっかけにソウルに上京し、転校先で教師をしていたチェウォンと生徒と教師という立場で再会する。立場を越え2人はますます惹かれあっていくが関係が明るみになり、チェウォンは教師を辞めグァヌと別れる決心をするが、グァヌは「3年後に立派な男になって戻ってくる」と言い残し留学する。


    3年後、デザイナーとなったグァヌがチェウォンの前に現れる。お互いに変わらぬ愛を感じる二人だが・・・。





    【見どころ】

    <女教師と生徒の恋>という題材は、賛否両論を巻き起こしたが、主役二人の人気も高く大ヒットを収めた。満開の桜や菜の花畑の美しい映像など明るいタッチの演出が暗くなりそうな題材の本作を爽やかに彩った。
  • 乾パン先生とこんぺいとう
    乾パン先生とこんぺいとう
    教師となって母校に帰ってきた主人公が不良生徒たちと向き合うための奮闘を描き、学校と家庭、社会の傷を温かく包み込んだ作品
  • 相続者たち
    相続者たち
    セレブ高校生たちの生活を描いたドラマ。企画意図 名門私立貴族学校、"帝国高校"。校訓は"平等·博愛·正義"だが、そこに実在するのは"葛藤·迫害·不義"に基づいた4種類の階級である。いずれは会社を相続する真の財閥2世、3世集団の"経営相続者集団"、経営権争いでは外されたが生まれたとたんに大株主となった"株相続者集団"、お金より名誉を大事にする法曹界、医学界、学者、政治家の2世や3世集団の"名誉相続者集団"、そして、世間の評価を気にして仕方なく受け入れた一人親の子どもや、貧困家庭の子などの"社会配慮者集団"まで。「相続者たち」は、経営相続者集団か株相続者集団かあいまいなキム·タンと、生まれつきの経営相続者集団であるヨンド、ラヘル、キム·ウォン、株相続者集団に属するボナ、名誉相続者集団のヒョシン、ミョンス、4つの階級のどこにも属していないチャニョン、突然その中に落とされた社会配慮者集団のウンサンの物語である。そして、そこに階級社会を作り上げた親たちの話でもある。すべてを手に入れた18歳の逸脱は砕けたガラスのようで、何一つ不自由のない18歳の嫉妬は研ぎ澄まされた刀のようで、豊富に満ちた18歳の陰謀は粗くてより危険である。そんな彼らに取り囲まれ、砕いて砕かれ傷つくウンサンをタンは守り抜けるのだろうか。翼を持ったから天使になるわけでないように条件がそろったから幸せを手に入れられるわけでもないのだ。幸せは心構えによるものだということに彼らは気付くのだろうか。このドラマのことをシンデレラストーリーだと言う人もいれば、知られていない上流社会の若者たちの物語だと言う人もいるだろう。しかし、「相続者たち」は我々が今まで一度も見たことのない非常にセクシーで邪悪な情熱のハイティーンロマンスだと断言できる。

乾パン先生とこんぺいとう 1

この動画は無料でご視聴いただけます。ログイン後にご利用ください。

動画情報

  • 閲覧数 1,342
  • 韓国放送時期 2005年
  • SBS
  • 1話
  • 60分

1999年、危機に陥ったジョンソク高校の学生たちを救ったボリ(コン・ヒョジン)は、暴行事件を起こしたという理由で職員室に呼び出される。トン・チルファン(チョ・ヒョンギ)先生とナム・ソンギ(チョ・サンギ)先生の体罰にも動じなかったボリは、トン・チルファン先生の父親なしで育ったくせにという一言に怒りをあらわにする。ボリが激怒すると強風が吹き、壁にかかっていた額がトン・チルファンの鼻に落ちる。トン・チルファン先生の鼻の骨にひびが入ってしまい、ボリは退学処分となる。2005年、ボリは高卒認定を受けた後に教育大学を卒業し、母校の先生になるため面接を受けに行く。

出演者

수퍼맨
수퍼맨