KOCOWA

ニュース

清純派の感性が光るGFRIENDのタイトル曲『Summer Rain』

2017-09-13 | 閲覧数 92

GFRIENDのデビュー以来初となるリパッケージアルバム<RAINBOW>が満を持してベールを脱いだ。



GFRIENDは、本日(13日)午後6時より各音楽配信サイトを通じて5枚目のミニリパッケージアルバム<RAINBOW>のタイトル曲「Summer Rain」を含む全曲の音源を公開して本格的な音楽活動を開始する。

タイトル曲「Summer Rain」は、時に移り気だが美しかった夏の日の雨に恋模様をなぞらえて表現した詩的な歌詞でGFRIEND特有の感受性が込められた曲だ。

「LOVE WHISPER」から始まったGFRIENDの新しい連作シリーズの2つ目のシリーズとなる「Summer Rain」は、過ぎ去った夏を回想しながら思い出している歌詞が印象的な曲だ。ロベルト・シューマンの<詩人の恋 op.48-1>をサンプリングし、すぐに訪れる秋の感性をさらに色濃く感じられる。

今回のリパッケージアルバム<RAINBOW>は、5枚目のミニアルバム<PARALLEL>の収録曲に今回のタイトル曲「Summer Rain」と、ロック調の密度の高いダンス曲「RAINBOW」など新曲2曲が加わった計10曲が収録されている。

一方、GFRIENDは本日(13日)午後6時にタイトル曲「Summer Rain」が収録されたリパッケージアルバム<RAINBOW>の全曲を各音楽配信サイトより公開し、午後7時からはネイバーVアプリを通じてカムバックスペシャルライブを配信する予定だ。



記者:パク・ジェファン

著作権者 ⓒ KBS &KBSMedia - 無断転載及び再配布禁止​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​