KOCOWA

ニュース

BIGBANG テソン ソロツアーフィナーレ

2018-01-09 | 閲覧数 283

BIGBANG のメンバーテソンのソロホールツアーが、5ヶ月間という長い公演の幕を下ろした。


 

昨年8月には、日本で始まって19都市、41回公演、9万700人を動員したテソンは、独自の最長期間、最多規模のソロツアーの記録を達成し、成功のうちに幕を閉じた。
 
所属事務所であるYGエンターテイメントによると、6日と7日、米国ハワイの「ハワイシアター」で開催されたテソンの「DなSHOW Vol.1」は、最後の公演を見るために集まった地元のファン、韓国と日本など各国のファンが人だかりを成した。
 
この日テソンは、自身のヒット曲「私を見てクィスン」、「WINGS」、「D-Day」、「VENUS」から新曲「ア・ゼ・チョ!」、「いいや、そうじゃない」を熱唱、「魔性のボーカル」で観客を魅了した。

​テソンは「今回のツアーがスタートした時、最後の公演が遠い未来のようだった。しかし、気がついてみると、今日が最後の舞台だ。ここまで来ることができたのは、すべての皆さんのおかげ」と感謝の気持ちを示した。

「完全体」BIGBANG は昨年末、ソウルコンサートを最後にしばらくファンと別れの時間を持つが、テソンはソロ活動を継続する予定だと所属事務所は伝えた。

[写真=YGエンターテイメント]
記事:パク・ジェファン
著作権者ⓒKBS&KBSメディア - 無断転載を禁じます​​​​​​​


関連スター