KOCOWA

ニュース

パク・シフ、「アデューチェ・ドキョン、恋しくなるよ〜」

2018-03-13 | 閲覧数 788

俳優パク・シフがKBSドラマ「黄金色の私の人生」で、アップグレードされた存在感を証明し、8ヶ月間の長い道のりを成功に終わらせた。



​俳優パク・シフがKBSドラマ「黄金色の私の人生」で、アップグレードされた存在感を証明し、8ヶ月間の長い道のりを成功に終わらせた。


 パク・シフは、「黄金色の私の人生」でノブレス・オブリージュを実践しようとする、エレガントでジェントルな財閥3世であり、ヘソングループの後継者のチェ・ドキョン役で熱演をした。カリスマはもちろん、気難しい性格ながらも天然でロマンチックな純情派の姿など、多彩な魅力を表わして視聴者たちの爆発的な呼応を得た。


「黄金色の私の人生」を通じて、5年ぶりにテレビに復帰したパク・シフはみんなが認める「ロマンチック職人」として、ロマンチックな役をうまく演じて、視聴者たちをひきつけた。ドラマの最初は気難しい性格だが、どこか抜けている天然さも持っている財閥3世の姿で見る人を笑わせたパク・シフは、ジアンへの愛の気持ちを感じた後は純情派の魅力を発散して女性たちをひきつけた。


最後の放送が終わった後、パク・シフは「俳優として視聴率40%を超える作品に出会うのはなかなか難しい出来事で、8ヶ月間とても幸せだった」とし、「この作品のおかげで、俳優としてさらに成長できたと思う。一生忘れられない作品になるはず 」と放映終了に対する気持ちを伝えた。



記事 :パク・ジェファン

著作権者ⓒKBS&KBSメディア - 無断転載を禁じます​​​​​​​​