KOCOWA

ニュース

<PRODUCE 48>イ・スンギ 『あなたしかいない』のラブコール

2018-06-12 | 閲覧数 188

11日午後、ソウル論峴洞インペリアルパレスソウルホテルでは、Mnetの<PRODUCE 48>​製作発表会が開かれた。この日の行事には、キム・ヨンボム局長、アン・ジュンヨンPD、イ・スンギ、イ・ホンギ、ソユ、チーター、ペ・ユンジョン、チェ・ヨンジュン、MAY J LEEと96人の日韓の練習生が参加し、記者の質問に答えている。​



イ・スンギは「国籍よりも歌手という夢を持って練習してデビューする彼女らを、国民プロデューサーの方々がたくさん応援してくださるようにサポートしたいと思う。彼らの努力と実力がよく伝わるように努力する。」と<PRODUCE 48>で国民プロデューサーの代表を務める所感を明らかにした。

アン・ジュンヨンPDは 「若い年齢で歌手でデビューし、優れた司会進行力も持ち、10代から50代までカバーすることができるイメージを持っているイ・スンギが絶対に必要だった。」とイ・スンギをキャスティングした理由を明らかにした。イ・スンギは「無限のラブコールと『君しかない』という賞賛が嬉しかった。」と肯定的に回答した。続いて「この番組に出演したいと思ったきっかけは、韓国の音楽産業がグローバルに拡大している時期に、このプログラムで誕生するガールズグループがまさにそのようなグローバルなチームになることができるだろうという確信があった。」と出演を決心することになったきっかけを明らかにした。

イ・スンギは、シーズン1,2の国民プロデューサー代表だったチャン・グンソクとBoAについて「2人とも強烈な印象があった。」と話し、「練習生たちが、サバイバルという圧迫感のために実力を発揮ができないこともあると思う。​リラックスして自分の実力を発揮できるように、導くのが私の役目だと感じている。私は歌手、俳優をしながら感じたこととノウハウを惜しみなく伝える。」と自分の覚悟を明らかにした。

Mnetの代表的なアイドル選抜プログラムである<PRODUCE 101>と、秋元康の優れたプロデュース能力の産物である「AKB48」のシステムを組み合わせた、超大型プロジェクトである<PRODUCE 48>は、日韓両国の練習生96人のうち、国民プロデューサーの選択で国籍関係なく12人のデビューメンバーが選抜される。

国民プロデューサー代表としてイ・スンギが、ボーカルトレーナーはイ・ホンギ、ソユ、ラップトレーナーはチーター、ダンストレーナーはペ・ユンジョン、チェ・ヨンジュン、MAY J LEE​が担当する。
<PRODUCE 48>は、6月15(金)から毎週金曜日夜11時に放送され、全12話放送予定だ。

iMBC キム・ギョンヒ| 写真 イ・ミファ 
※このコンテンツは、著作権法によって保護されており、無断転載、複製、配布等を禁じる​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​


関連スター

イ・スンギ イ・スンギ 歌手/俳優

関連動画