KOCOWA

ニュース

<魔女の法廷>最終回に最高視聴率16.1%を記録

2017-11-29 | 閲覧数 2,632

<魔女の法廷>チョン・リョウォンとユン・ヒョンミンがチョン・グァンリョルに死刑を求刑する痛快な復讐で正義を実現した。


※ネタバレになる内容が含まれています。​​



チョン・グァンリョルは死刑を宣告された現実を否定し絶叫、その後刑務所で自分の部下たちにそっぽを向かれ、孤独な人生を生きるすさまじい最後を迎えた。​


チョン・リョウォンは、母親と別れて20年ぶりにイ・イルファと涙の再会をしてぐっとくる感動を与えた。また、チョン・リョウォンは​ユン・ヒョンミンとお互いの心を確認し、甘い恋愛を始め、視聴者を笑顔にした。このように<魔女の法廷>は、最終回で視聴者たちにハッピーエンドを届け、ウェルメイドドラマであることを立証した。

 
28日に放送されたKBS 2TV月火ドラマ<魔女の法廷>16話で、マ・イドゥム(チョン・リョウォン)とヨ・ジヌク(ユン・ヒョンミン)が、チョ・ガプス(チョン・グァンリョル)に死刑を求刑し、無事に裁判で勝利を勝ち取る姿が描かれた。 29日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、<魔女の法廷>16話は、全国基準14.3%、首都圏基準14.1%の視聴率を記録、自己最高視聴率を更新して完璧なハッピーエンドを迎えた。
 
16話の瞬間最高視聴率は、マ・イドゥムが検事の採用試験に合格した後、女性児童犯罪専門担当部​の検事として、ユン・ヒョンミンの隣の席に復帰するシーン(22:56)である。このシーンは、ニールセン全国16.1%、首都圏の16%を記録し、最終回最高の1分を飾った。
 
ドラマの最後は、判決1年後の姿を盛り込んでいる。イドゥムは、検事に復帰してジヌクと再び一緒に働くことになった。 「魔女コンビ」が再び団結し、イドゥム​はジヌクに時計をプレゼントし、復職祝いの席でジヌクはお酒をたくさん飲んでイドゥムにキスをした。以後、お互いの心を確認したイドゥム​とジヌクが、甘い恋愛を始めるとともに、「魔女コンビ」として新たに再起動する姿は、視聴者の笑顔を誘った。​

 

 

最終回放送後視聴者たちは、「最終回まで無駄なく完璧なドラマですね! <魔女の法廷>のおかげですっきりしました! 」、「チョ・ガプスが死刑を宣告された時痛快でした!マ・イドゥム検事、ヨ・ジヌク検事お疲れ様でした〜!」、「ハッピーエンドなのでとても良い!マ・イドゥム検事、ヨ・ジヌク検事の仲睦まじい姿もハッピーですね〜」、「マ・イドゥムのキャラクターも、ドラマも歴代級ドラマでした!演技もとても良かった」、「さ!マ・イドゥム検事、ヨ・ジヌク検事の恋愛ストーリーでシーズン2やりましょう!」など、様々な反応を見せた。

 


記事 :パク・ジェファン
著作権者ⓒKBS&KBSメディア - 無断転載を禁じます​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

関連スター

関連動画