KOCOWA

ニュース

<雲が描いた月明かり>アジアTVアワード最優秀賞

2017-12-04 | 閲覧数 4,315

ドラマ<雲が描いた月明かり>が、12月1日夜、シンガポールで開かれた「2017アジアTVアワード」授賞式でドラマシリーズ部門の最優秀賞を受賞した。​ ​


 

2016年8月から10月までKBS2TVを通じて放映された<雲が描いた月明かり>は、「民衆の意志で作り上げた君主」という意味を持つドラマであり、まるで水彩画を見るような叙情的で清涼感のある映像美と、パク・ボゴム、キム・ユジョンなど俳優らの熱演で最高視聴率23.3%を記録し、多くの愛を受けたドラマだ。
 
「アジアTVアワード」は、1996年から始まり、毎年アジア太平洋地域の高品位放送番組を選抜して授賞する国際賞である。今年は合計20カ国で1,350本の作品が出品され熾烈な競争を繰り広げた。

記事:パク・ジェファン
著作権者ⓒKBS&KBSメディア - 無断転載を禁じます​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​