KOCOWA

ニュース

<黒騎士>シン・セギョンの魅力、チョン・ヘラの魅力

2017-12-15 | 閲覧数 1,973
<黒騎士>シン・セギョンが愛らしいキャラクターで最高の演技を見せている。

※ネタバレになる内容が含まれています。​​​


 

KBS 2TV水木ドラマ<黒騎士>(脚本キム・インウン、演出ハン・サンオ)に、チョン・ヘラ役で出演中のシン・セギョンは、<六龍が飛ぶ>、<ハベクの新婦 2017>など、複数の作品で主体性を持ったキャラクターを演じ、成長を重ねてきた。今回の作品<黒騎士>では、より可愛らしく、現実的なチョン・ヘラを演じ、視聴率1位を牽引する役目を果たしている。
 
<黒騎士>は、チョン・ヘラという金持ちの娘が、両親の突然の死によって運命が変わり、両親の死の疑問を解くために法学部へ進学したが、生活費を稼ぐために司法試験に挑戦したり、ロースクールに進学できなかった事情も持っている。現在旅行代理店で働き、いつもサラリーマンのように幸福とストレスの間を行き来しつつも、信じられないほどの運命的な恋をするシーンもあり、視聴者の注目が集まっている。
 
ヘラは、自分の感情を吐き出し素直に表現する女性だ。 4話のエンディングでスホ(キム・レウォン)が子供の頃一緒にいたお兄ちゃんという事実を知って驚く一方、嬉しくもあり、事実を隠していたスホに向かって怒りが込み上げる自分の感情を素直に伝える。ヘラの父が、娘に幸せを自覚させる道具としてスホを​連れてきたという事実を盗み聞きして、自分を呪ったというスホの言葉に即座に反応し、突然姿を消したスホを心配し会いたかったと叫んだ。このような状況でロマンチックなキスをするスホとヘラのシーンによって、憎しみと愛が一緒に絡み合ったドロドロな関係は、<黒騎士>の今後の展開への期待を高めている。

記事 :パク・ジェファン
著作権者ⓒKBS&KBSメディア - 無断転載を禁じます​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​