KOCOWA

ニュース

BLACKPINK アメリカ最大音楽祭「コーチェラ・フェスティバル」招待!

2019-01-04 | 閲覧数 747

BLACKPINK​がK-POPアイドルグループで初めて、アメリカ最大の音楽フェスティバルある「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル​」(以下コーチェラ​)の舞台に立つ。


コーチェラ​​側は、2日(現地時間)、2019年のラインナップを発表し、BLACKPINK​が4月12日と19日の公演に出演すると発表した。


BLACKPINK​は今年、ARIANA GRANDE、THE 1975、DIPLO、KHALID、ZEDDなどそうそうたるミュージシャンたちと肩を並べている。BLACKPINK​は、「アイドルグループ初」として舞台に上がり、新しいK-POPの歴史の1ページを飾ることになる。​



コーチェラの創始者であるPAUL TOLLETTは、ラインナップ発表に先立ち、昨年韓国に直接行き、BLACKPINKを招待したという裏話だ。

毎年春、アメリカカリフォルニア州インディオで開催されるコーチェラ​は、ロック、ヒップホップ、エレクトロニックなど、ジャンルを問わず様々な音楽が繰り広げられるフェスティバルで有名だ。

コーチェラ​はソウル蚕室競技場の約92倍の大きさの場所で、約200チームが2週間(週末)に渡って公演する。昨年だけで約25万人の音楽ファンが参加した。コーチェラ​参加者のほとんどが、ミレニアル世代だけに、音楽だけでなく、ファッション、ライフスタイルなど文化全般のトレンド交流フェスティバルでもある。

過去BEYONCE、DRAKE、EMINEM、RADIOHEAD、THE WEEKND、CALVIN HARRIS、AC/ DCなど有名な世界的ミュージシャンたちもこの舞台に足跡を残した。

BLACKPINKは昨年、アメリカ最大のレコード会社ユニバーサルミュージックのレーベルインタースコープと手を握り本格的なアメリカ進出を発表した。

コーチェラ​​出演をはじめ、「歴代級のプロモーション」を予告したBLACKPINKは、アメリカだけでなく、1月11日、バンコクを皮切りに、初のワールドツアーを繰り広げ、世界各地域のファンと直接会う予定だ。

早くもグローバル市場で認められたBLACKPINKが、今後どのようにより高く飛躍するのか期待される。
iMBC キム・ミジョン | 写真提供=YGエンターテイメント 
※このコンテンツは、著作権法によって保護されており、無断転載、複製、配布等を禁じる​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​


関連スター

KOCOWA PREMIUM